秋と読書(つくるさん)

時刻はただいま、2:54。

丑三つ時くらいかなぁの、ポニーです。こんばんは。

ずっと起きていたかというと、そういうわけではないのですが、ほかっておくと割とむちゃくちゃな生活習慣をし始めたりします。特に、会社勤め始まってないとか、今はカフェも終わったタイミングということもあり。

その①

そういえば、昨日「xxxHolic」読み終わりました。

(たぶん)19巻で終わりでいいはずかと思いますが、なんだか「???」な終わりでした。

「xxxHolic戻」の3巻で謎が解明されるんでしょうか。。。明日よもかな~

その②

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹さん作品を読み始めました。

これも、お店にあったものですが、近くの書店で購入。

もともと、村上さんの作品が好きで、たぶんほぼほぼ読んでいる気がします。高校生の時、彼のエッセーを呼んで、うどんを食べる旅にでる決意をして、香川へ単身乗り込みました。

あ。30分ほど前に帰ってきたお助けシェフ氏が漫画(おはようおやすみ)を読み終えて寝てったので、自室にうつります。(本当に2人そろって生活がくしゃくしゃです。あー。こんなことしてるから、ストレートネックになるんやろうかーw)

そうそう。確か、その香川の旅が初めての一人旅で。

周りの女の子たちがTDL(東京ディズニーランド)とかいっているのを横目に、母親に「やめといたら?」(そのときは、国内だしそんなに反対されませんでしたw)といわれてもめげず、鞄ひとつ背負って電車に乗り込んでったことを思い出します。

高松についたら宿屋のおばさんがレンタサイクルのこと教えてくれて、自転車で栗林公園いったり、四国八十八か所のひとつ屋久寺いったり。

寺からの帰り道が暗くて、自転車でめっちゃ心細かったり。

最終日の前の日にたまたま、女性2人男性1人でまわっている人達に出会って、「一緒にうどん屋さんめぐりしますか?」って誘ってもらって、車で連れてってもらって。

香川の人がしょっちゅううどん自分で打つとか、たまにドジョウを食べるとか。色んな話を教えてもらって。本当に温かくて。

あれがなかったら、バックパッカー始めてなかっただろうなぁと思うと結構不思議な感じです。

本との出会いもまたなにかの縁に繋がったりするんでしょうね。

この本もまた、楽しみであります。

あー。夜がふけてく。

広告